語るべき言葉などなにもない

という自覚から。